キャッシングとカードローンとの違いとは

キャッシングのサービスを使っていてふと疑問に思うことがあります。
それは、キャッシングとカードローンの違いです。
一見同じ『お金を借りて返す』という行為で、ほとんど一緒のように思われますが、
この二つの言葉には微妙に違った意味合いがあるものです。

まず、お金を借りたら返済日に遅れたりして、債務整理などしなくて済むように
計画的に確実に返済するという行為については、
キャッシングもカードローンも全く同じものです。
ここに特に差はなく、どちらも借り入れることが出来るサービスと考えていでしょう。
また、返済に関しても最近は銀行口座から引き落とすということが
主流になっているので、返済の際に無人契約機にいく必要があったり
ということはあまりないようです。
最近はキャッシング会社もキャッシングによるカードを発行する会社があるので、
カードの有無だと断定できないケースも増えてきているのです。

お金を借りる部分から返済等々の初歩的な話は 他情報サイトで
確認されるといいでしょう。裏技などもあるので。
一例:キャッシング 審査基準

では、この言葉の二つはどう違うのでしょうか。

カードローンはローンの一つの形態!

まず、カードローンは『ローンのひとつの形態』です。
カードローン会社がこの金額までは貸し出せるという事でカードを発行し、
買い入れを必要とするときにいつでも借り入れをして返済することが出来るという、
とても利便性が大きな借り入れの方法です。
基本的に借り入れる理由などを問われることはありません。
ですので、使い先についてもほぼ問われることはありません。

一方キャッシングとはひとつの行動の事を指します。
ATMからお金を引き出す行為やお金を借り入れるという行為を
キャッシングというのです。
また、中には返済の意味合いまでを含んでいることも少なくありません。

最近はこういった言葉をごちゃ混ぜにして考える人が多くなり、
言葉の意味もあいまいになってきました。
とはいえ、カードローンというサービスを提供している
キャッシング会社も多く存在するので、そういったことからも
一概にいろいろなことを言うことができなくなりました。
ここで言うカードローンをフリーローンと捕らえている人もいますので、
さらに敷居は難しくなっているでしょう。

COPYRIGHT© 2013 キャッシングの基礎&返済が遅れてしまったら ALL RIGHTS RESERVED.